スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | CATEGORY:スポンサー広告 | | 記事編集

(片面な)扁平飾り縫いトレーナー

トレーナー


FISMAで見かけたペガサスの両面飾り扁平縫いミシンの縫い目にクラッときた私です。
工業用ミシンは買えないけれど、手持ちのふらっとろっくで扁平飾り縫い。
ふらっとろっくの普段裏側の縫い目を表舞台に。

ふらっとろっくで飾り縫いに関してはクライ・ムキ先生が著書「ロックミシンの基礎―クライ・ムキのLaLaLa2 」の中でラメ糸を使ったカットソーを紹介しています。

今回黒の裏毛に赤のスパン糸で裏側からトリプルカバーステッチ。
…したいところですが、私の場合、ルーパーがスパン糸ですと目飛びの嵐になるので
ウーリー糸でGO。

ふらっとろっくで飾り縫い



ウーリー糸が
ポワンポワンなので
シャープさに
欠けてます。


低伸縮タイプのウーリーを使うともう少しシャープかな?(…でも目飛びは?)
着ているうちに糸が引っかからないか心配なところ。
ウチのはウーリーを使ってもルーパーのテンションを低めにしないと目飛びます。
わがままな奴です。

一見正常に縫えていますが
ダイヤルメモリは
左・真ん中・右・ルーパー=4・4・4・0(爆)
0って…ダイヤル調節機能がダメダメ?
それともウーリー使うとこんなもの?

舞台裏



裏面は当然のごとく
直線です。
針糸はスパン糸。


袖と身頃の縫い合わせ部分は
裏毛のループがほつれてこないように最初にロックミシンで処理。
そのあと直線ミシンで縫い合わせ
縫い代を割りながら裏面からカバーステッチ。
地味な努力をしています。

フードパーカーも作りたくなってきました。
でも年賀葉書と大掃除が待っている~。

==============================================

• 型紙 // Pattern Label  ミニマムトレーナー 110cm
    ※カンガルーポケットをプラス

• 身頃生地 // 30/10裏毛 Wildberry

• 付属生地 // スパンテレコ ハナミズキ

2008.12.16 | コメント(0) | CATEGORY: | TAG : 息子服 ミシン | 記事編集

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« これより未来の記事へ   | ホーム |   これより過去の記事へ »

ブログ内検索

Tree-Arcive

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。