スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | CATEGORY:スポンサー広告 | | 記事編集

刺しゅうPROでTrueTypeFont

※2007年7月に作成。

刺しゅうPROでTrueTypeFontを実際にミシンがけしてみました。

マニュアルには
小さいサイズを設定すると、きれいに縫製できない場合がある、とか
1文字のサイズは、日本語書体は15mm以上、欧文書体(アルファベット等)は
10 mm以上での設定をおすすめ、などとありますがあえて5mmで。

TrueTypeFont
画像左上から
 • 創英角ポップ体
 • Lucida Console
 • MSゴシック
 • MS明朝
 • Impact
 • AR教科書体
 • DHP行書体

右は記号Fontの
 • Webdings

生地は生成シーチング。
使用ミシン糸は普通な60番ポリエステルスパンです。
全てサテン縫い。

文字間の渡り糸は脳内で消去願います。
5mm文字、もっとつぶれるかと思いましたが、fontの特徴が出ています。
記号フォントも試しに入れてみました。15mmサイズ。
これもデフォルトのまま単色サテン縫いで縫いましたが、縫い方など調整するといい感じになるかも。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
100タグ
100cm用サイズタグも作ってみました。
2cm巾の綾テープ。
バインダー仕立てな衿に一緒に縫いつけ用。

画像のFontは刺しゅうPROについてきたものです。
3-4mm高。ちひさきものはみなうつくし。

うーん、こんなちっさいことをやって喜んでいていいのでしょうか?

2007.09.26 | コメント(0) | CATEGORY:ほび的日常 | TAG : ミシン刺しゅう | 記事編集

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« これより未来の記事へ   | ホーム |   これより過去の記事へ »

ブログ内検索

Tree-Arcive

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。