スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | CATEGORY:スポンサー広告 | | 記事編集

アダム ベビープレッサー+フットスイッチ

愛用のアイロン台はアダムベビープレッサー801型(特大)
台座が低めで和室になじむ(?)バキューム機能付アイロン台です。
 過去記事 「アイロン周り、購入しました」
 (アイロンはこの後、ナオモトHYS-410Pを追加購入しています)

アダムベビープレッサー801型


台面も広めで、低めなこともあり、裁断前の布をアイロンする時でも
垂れることなくアイロンがかけられ、
裁断パーツを台の脇にポイポイ置くことが出来、
使い勝手がよいです。
持って部屋の移動も可能。

801型の吸引力は45Wで今のところ特に不足を感じていません。
(台の間に挟まっていたスポンジ板を「ふわふわ台面嫌い」とばかりに撤去した効果も?撤去は自己責任で…)
が、よく比較されるナオモトQ-ingは65W。
使用したことはないのですが更に快適なのでしょうか、、、

アダムベビープレッサー801型手元スイッチ愛機ベビープレッサーですが
最大の難点が手元スイッチ。
ONすると稼働しぱなし。

そうすると台に布が
貼り付きっぱなしになり
作業上ネックでした。


そして最近。
私同様ベビープレッサーを持っているりでこさんがフットスイッチを購入したと聞き、
私も後に続けとばかりにネットでサーチ。

そうしましたら、まるでベビープレッサーの為に存在するかのようなスイッチ発見。

オジデンのM4形シリーズ、中間コンセント付 OFL-V-M45形
これはモーメンタリーなるスイッチ。

オジデン OFL-V-M45形


モーメンタリーなスイッチとはなんぞや?と調べたら
「押している間だけスイッチがオンになる自動復帰型スイッチ」
だそうで。

つまりはミシンのフットペダルと同じ。
今これから、という時にペダルを踏み、吸引が始まります。
もうお仕舞い、というときにペダルを離し、吸引が終わります。

結果。
劇的ビフォーアフターです。

==============================================

配線ですが。
フットスイッチをコンセントに差し込み。

オジデン OFL-V-M45形 配線1


フットスイッチACアダプターの凹側コンセントにアイロン台のプラグを差し込むだけ。
フットスイッチのコードは2.5m程です。
使用中、手元スイッチは「入」状態。

オジデン OFL-V-M45形 配線2


「フット」なスイッチですがベビープレッサーは台座が低いので、私は膝押しで使用しています。
いわば「ニースイッチ」?

快適、とはいえ、昨日りでこたんもつぶやいていたのですが
「アダムベビープレッサー自体に何故この機能がついてないのか」

そう言われると不思議です。
あってしかるべきですよね。
低い台座とはいえ、ないと不便ですよね。

…何か罠があるのでしょうか?故障しやすくなるとか?(汗

もしこのブログをご覧になって使用される場合は
呉々も自己責任ということでお願い致しますm(__)m

==============================================

[参考リンク先]

オジデンの商品詳細説明ページ → PDFファイルです(右下商品)

私の購入先 → YOSHIMURAさん
現在送料込み3,035円(税込)

※この投稿記事は後日加筆訂正の可能性があります

テーマ:ソーイング - ジャンル:趣味・実用

2013.03.01 | CATEGORY:道具 | TAG : その他 | 記事編集

« これより未来の記事へ   | ホーム |   これより過去の記事へ »

ブログ内検索

Tree-Arcive

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。