スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | CATEGORY:スポンサー広告 | | 記事編集

薄手綿布帛パーカ120

薄手綿パーカ全体
男児の薄手上着、巷でよく見かけるのが
風除け目的なペラペラナイロンパーカ。

しかし夏の強い日差し除けや、
ちょっと肌寒い日に着られるような
薄手綿素材の羽織物でよいのが
なかなか見つからず。

気に入ったのが見つかっても
少々お高めなので作りました。

型紙は「クライ・ムキの子供のパーカ&コート」より。
この本のナイロンパーカの身頃、ダッフルコートのマチ付きフード、
ステンカラーコートのポケット等を組み合わせて使用。

薄手綿パーカ着用 正面
ポケットは玉縁、
袖口&フードにゴム入れ、
裾にはひも通しと
珍しく手間のかかることを
選択してみました。
偉いぞ私。


薄手綿パーカ生地
着る物に関しては地味好きな
息子用に無難な色目の
チェック生地を使用。

右画像は一度洗った後の布です。
ちょい太いコードが織り込まれていて
ちょっとサッカーぽいうねりが出ています。

この生地、特価で¥399/m、お安い~。
要柄合わせなので2m使いましたが、
それでも生地代¥798♪


ファスナー
難儀したのが薄手羽織物に合う
細め3番金属オープンファスナーが
なかなか手に入らなかったこと。

某大型手芸店ならあるだろうと
思って行ったのですが空振り。
ネットで1件メール便可のところを
見つけてようやく完成にこぎつけました。

4番では重いのだ。
3番でなければ。
(画像は全てYKK。それぞれ別のお店で購入)


薄手綿パーカ着用 横このパーカ、夏休み突入直後の
札幌旅行で大活躍。
この着用写真時、気温は22度。
半袖1枚では少々肌寒い日でした。

真駒内公園の豊かな緑をヨソに
目の前のシャボン玉に興じる息子。

引っ越してから4年振りに行った札幌、
当時3歳だった息子の記憶は
サケ科学館の印象が強く残っていたことが
判明。
あそこは通年入館無料、
駐車場も平日無料なので
足繁く通ったのだわ。

それから六花亭のお店前のワンちゃん銅像。
思い出して喜びのあまり、ワンちゃんに
乗っかってました(こらこら

==============================================

• 型紙 // 「クライ・ムキの子供のパーカ&コート」より
   ナイロンパーカ、ダッフルコート、ステンカラーコート120を改変。袖丈、身丈調整。

• 生地 // コードタータンチェック (いすず) コットン90%、ポリエステル10%

• コードストッパー // カナリヤ 本店

• 3番金属オープンファスナー // マリエッタ

2010.07.26 | CATEGORY: | TAG : 息子服 | 記事編集

« これより未来の記事へ   | ホーム |   これより過去の記事へ »

ブログ内検索

Tree-Arcive

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。