スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | CATEGORY:スポンサー広告 | | 記事編集

#60×2=#30?

[ この投稿は2010.4.25に加筆しています ]

今年の春ボトムはシルバーグレイな気分~。
と、御用達ユニクロでデニムを購入しました。

息子も一緒な買い物だったので丈詰め無しで帰宅。
日を改めてお家で丈詰め作業をし始めました。

そこで「あっ」と小さく漏れる情けない悲鳴。

シルバーグレイな太番手の糸、持ってない~(ノД`)

60番糸なら手持ちにある。
いつも下糸に#60、上糸にステッチ糸(#20~#30)で縫っているのでこの際、
強度は考えない。糸切れしたらまた縫えばいい。
上下#60でいく?
でも見た目が かよわそう。

と その時、怪しい考えが脳裏に。
上糸を2本使いにして見た目太くはできないだろうか?


糸設置早速トライ。
使用ミシンSPUR25DX。

デフォルトではミシン右側の糸置きに
太巻き用の半透明な大きい駒軸が
はめこまれています。

これを外して衣縫人に付いてきた
平らな駒受けを替わりにつけました。

ボビンにでも巻いて 同色2本にすれば
いいのですがその一手間がめんどうで…;

似たような色の糸、2色を使用。
グランデーション効果?

糸かけ

そして2本の糸を1本として
普通に糸かけ。

試し縫い。

本番は表に2本糸がくるように
生地表側から縫っています。
(マグネット定規ラブ)



縫い目比較画像↓


糸比較

上糸2本にすると目飛びするかと思いきや、意外にも難なくいけました♪
撚り糸ではないのでステッチ糸ほどの迫力(?)はないのですが、
#60×1本よりは見た目が頼もしい♪

ただ、欲を出して上糸3本にしましたら3本のテンションが揃わず、
どれか1本のゆるみがめだちました。
ちなみに3本目は市販の糸立てを使用。

よし、これからステッチ糸に手持ちの色がないときには#60×2本でいこう~。

========================================

[ 過去投稿の補足 ]

以前ふらっとろっくでチェーンステッチ縫いの裾上げをしました。
黒とネイビーのボトム二本。
時を経て いつの間にかアタリ(ヒゲ)が出現♪

アタリよね?

チェーンステッチはアタリが出やすいらしいと聞きますがホントだったようだわ。
糸(キングスパン#30)がハードな洗濯で毛羽だっています。



2010.04.22 | CATEGORY:ほび的日常 | TAG : その他 | 記事編集

« これより未来の記事へ   | ホーム |   これより過去の記事へ »

ブログ内検索

Tree-Arcive

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。