スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | CATEGORY:スポンサー広告 | | 記事編集

チェーンステッチで裾あげ

息子の新品ジーンズ。裾が4cm程長め。
今後の成長を考えると詰めるのはもったいない。
でも「丈がちょうどよくなる頃にはボロボロになってはけなくなることも」
という話を聞き、丈詰めをすることに。

チェーンステッチ比較
生地は薄手な8オンスくらい?

今まで私自身のジーンズの裾上げは
直線ミシンで縫っていましたが
この薄さならばふらっとろっくでも
チェーンステッチが可能では?

裾に伸縮性が出来ていいかも~。

糸はもともとステッチしてあったのと同程度の
太さ=#20を選択。

ふらっとろっくのチェーンステッチ 8オンス
• 糸 : 上下共にFUJIX JEANS STITCH #20
• 糸調子 : 右針5、ルーパー5
• ミシン針 : ORGAN 90/14 HA×1
  (推奨針云々はこのさいおいといて)


ルーパー糸がよろめきながらもなんとか目飛びなしで
いけました。


調子に乗って同じ条件で私の不要ジーンズ(12オンス位)を試し縫いしました。
が、片倒し三つ折り部分がプーリーを回しても糸がからまり、無理。
布が9枚(畳んだ縫い代切れば5枚)の壁は厚い~。

家庭用カバーステッチミシンの限界?
糸や針番手を替えればどうにかなる?
でもここで力つき終了。

ふらっとろっくで12オンス片倒し三つ折り部分がクリア出来たという強者の報告を
お待ちしています。
あ、ミシンが壊れても自己責任ということで。

========================================

この後、アタリが出てきました。「#60×2=#30?」


2009.10.07 | コメント(0) | CATEGORY:ほび的日常 | TAG : ミシン | 記事編集

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« これより未来の記事へ   | ホーム |   これより過去の記事へ »

ブログ内検索

Tree-Arcive

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。