スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | CATEGORY:スポンサー広告 | | 記事編集

ステカでカットソー

ステカな白の英文字

男児服を作成する洋裁愛好者の前にデンと鎮座する共通の問題。
それは女児服とは違い、

 男児服はバリエーションに乏しい事。

かわいい柄NG、レース・フリフリ不可、ちょっとデザインが入った型紙は断固拒否られ。
そうすると作るものは定番上着、Tシャツ、スエット、パーカー、布帛シャツ、パンツ、
パジャマ位。うぬぅ。
それもあってか女児に比べ、男児向け洋裁本の少ないこと。

生地も100%受け入れてくれるものは無地、チェック、ボーダー。
リピートな柄物は大抵、息子拒否。
大柄の気の利いた男児向け生地が欲しいところですが、たまにパネル柄(大概高価)を
見かける位。
小学男児達はアメカジ、スポーツブランド服にまみれているので
生地のみで作ると「この服、何かが足りない」と言われる始末。
いったいどーしろと。

ということで私を含め、世のお母様方は地味にアップリケしたり、フロッキーしたり、
生地を切り替えたり、アイプリしたり、ミシン刺しゅうに手を出したりと
試行錯誤しているわけですが。


STIKAここにきて新兵器を投入しましたっ。
その名はSTIKA(ステカ)
カッティングプロッターです。
(ビンボーなのでアフェリしてます)

パソコンで画像を作成し、カッターで切る機械。
プリンタより小さめ。

切るだけ、な単純機械なのですが、
カットを手でやるのは精巧さに限度があり、
時間もかかるのですよ。
機械がこれをジーコジーコとやってくれた時は
ホントにありがたや~、でした。

ステカの活用法は自営業ならば看板作成、
バイクや車が好きな人はステッカーや
マスキングシートを作成、
そして洋裁人間はアイロン接着なフロッキーシートや
ラバーシートでTシャツデコ!


というわけで先月購入し、息子タンクトップを作成しました。
何はともあれ無難な英字。
赤と黄色のつや消しラバーシートを使用しています。

ステカでタンクトップ120
いやぁ、ステカいいですね!
不器用なのでコレを手作業では難易度高いです。

息子のを作り終えたら、なんと、夫からもリクエストがありました。
夫から服のオーダーは お初です。
オーダーは「息子のとおそろでTシャツ版」
父子おそろカットソー
で、考えたのですよ。
メンズなので風見鶏を
小さめにしてワンポイントに
しようかなとか。

念のため夫に確認したら
「全て同じデザインでTシャツ版」

ちょっとモニョりつつも
リクエスト通り作成。

初・父子お揃ろ服になりました。


 Special thanks  
 ステカ&Pete情報を下さったTwitterの枝成蜜柑さん
 風見鶏Free画像データの場所を教えて下さったペルシャさん

==============================================

• 夫型紙 // BurdaStyle Pete ※襟のラインなど改変
• 息子型紙 // Pattern Label スマートタンク 120

• 身頃生地 // 濃紺の40/2天竺 (マディー&ピケ) ※閉店
• 付属生地 // フライス (マツケ)

==============================================


[ その他 ]
カエル紙コップ

最初に作ったデータ。
アイロンではない普通なシートでカエルシール作成。
紙コップに貼り付けました。

この後、息子のリクエストでカエル紙コップが増殖。

ミラーなの
アイロンシートでステカをする時には、
データを鏡面(ミラー)にします。

一度、うっかりミラーにするのを忘れて
シートを無駄遣いしてしまいました。

ミニTシャツ

ステカを購入したセットに入っていた
ミニTシャツに電車柄。

紫にシルバーもいいなぁ。

剥がします
カットしたあとは
不要な部分を剥がします。

この作業、日焼けした皮を
剥がすような快感です。

右画像、送りがうまくいかなくて
上下ラインの太さに違いが。

不要部分を剥がした後は、透明シートごとアイロンかけかけして生地に貼り付けます。
冷めたら透明シートだけ剥がして出来上がり、です。

スポンサーサイト

2010.08.18 | CATEGORY: | | 記事編集

 | ホーム | 

ブログ内検索

Tree-Arcive

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。