スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | CATEGORY:スポンサー広告 | | 記事編集

ISカーブルーラーセット

私、布好きですが道具フェチでもあります。
貧弱なテクを道具でカバー。

必要最低限と思われる作図道具は洋裁の通信教育開始時に購入しました。
が、現在作図しているワンピースは緩く長い曲線を引く箇所が多く。
手持ちの定規でこまめに角度を変えてラインを引けばよいのでしょうが
これがなかなか。

何かいいツールは、と探すと。

ISカーブルーラーセット
おぉ、灯台元暗し。

文化学園ショップで新発売の
ツールを発見。

文化オリジナルISカーブルーラーセット
2本1セット。
¥2,310(2009年2月現在)

左側ルーラーがまさに求めていた
長い曲線を引く為のツール。
Hカーブ定規より更に緩めです。
片側は70cm長の直線。
手持ちの定規は最長50cmなので
これまた思いがけず重宝しています。

右側ルーラーは値段高め(¥3,093)で購入見送りしていたスイートカーブ尺にちょぃ似。
ジャケットを描く時に活躍しそう。
市販型紙を写す時も楽になりそう~。



さっそく使ってみてお便利を実感してます。
さぁ貴女もいかがでしょう(まわしもの?

  ※販売サイトに使用箇所の参考例があります。

スポンサーサイト

2009.02.16 | コメント(4) | CATEGORY:道具 | | 記事編集

朗報

それにしても洋裁の通信教育、あいかわらず亀スピードです。
こんな進度で期間内に終われるのかと不安になることしきり。

最初に届いたガイドブックによると私の選択コース(服装)は
 受講期間(1年)+無料延長期間(1年)
この2年間を認可受講期間とし、
更に認可受講期間を過ぎても終了できなかった場合は有料で延長可能。
希望継続延長期間は6ヶ月もしくは1年と選択できるようです。

このガイドブックを読んだ時点で
私は延長は最長1年(合計3年)、だと思いこんでいました。
でももしかして…と事務局に確認したらば

何年でも延長できる そうです♪
そして継続期間に突入して修了しても
修了証書を頂けるそうです。
ビバ通信!

有料とはなりますが、これでこころおきなく自分のペースで通信教育できます。
そしてこころおきなく息子服が…(そうきたか

このことを知ってしまった今、更に亀にみがきがかかりそうで
空恐ろしかったりします(^^;

2009.02.04 | コメント(4) | CATEGORY:ほび的日常 | | 記事編集

課題3ブラウス提出

台襟付シャツ


やっとこさ台襟付シャツを
郵送しました。

出来は色んなところが残念。

一番の「残念!」はチャコの色が
透けていること(ノД`)

基本中の基本を失敗したような。



パターンはほぼテキスト通り。
原型の肩先から2.5cmプラス(!)
ブラウス丈は68cm(長い~)
ゆったりシルエット。
せめてもとウエストダーツを入れました。
今時のスタイリッシュなラインを
夢に描きつつ冒険できない小心者です。

いやでもこのテキストの袖の書き方は勉強になりました。
よく見かける袖型紙は前袖と後ろ袖がくっついている状態ですが
テキストでは前と後ろを分けて作図、そのあと合体。
肩線と袖山線の角度によって袖山の高さが変わり、運動量に影響するのも
図を見るとなるほど、と。
理解しやすかったです。

「つぶろぐ」でつぶやいていましたがボタンホールやかんぬき止めは
テキスト基礎本を見ながら手縫い(#60)に挑戦しました。
ガタガタになるかな?と予想しましたが思ったより見た目普通でした。
家庭用ミシンはボタンホール作成に必須、と思っていましたが
意外になくても(故障しても)職業用ミシン+ロックミシンでいけるかも。

むーん、及第点がとれたらいいなぁ。

2008.11.28 | コメント(9) | CATEGORY: | | 記事編集

ボアパーカー

接写

めずらしく季節を
先取りして
ボアのフードパーカーを
作りました。


というのもこれは今年2月下旬に届いたMulberryさんの「ムクムクボアブルゾンキット」。
120size。

届いた頃にはもう季節的にボアは無理だろうと今シーズンに持ち越しました。
ボア、スパンテレコ、ファスナー、パターン等材料がそろっているので後は作るだけ、
楽チン♪

初めてのボア。ムクムク。マチ付きフード。そして初めての裏付きパーカー。
どんなものかしらとハラハラドキドキで作成。

ボアパーカー


裏付きの感想は…
これはパズルだわ、と。

最初にこの縫製手順を
考えた人はすごいわ。


ムクムクボアはボリュームがたっぷりで、押さえに詰め込むように生地を入れる場面もしばしば。

アイロンもできないだろうとしつけをバシバシ。
でもムクムクしているだけあって縫製のアラが隠れ(笑)結果オーライ。

今回ポケットにも裏をつけ、ポケット口にメートラインを使用しました。
これで息子が手をいくら入れても伸びない…はず。


ちなみに画像はうまく色が反映されていません。
実際のボアはもっと黒っぽい焦げ茶で、スパンテレコはやや赤みがかった茶色です。

もう少し寒くなって着用画像が撮れたら差し替えます。

====================================================

• 身頃&付属生地、パターン // Mulberryさんのムクムクボアブルゾンキット120size
• フード裏の生地 // ニットギンガム (Mulberry)
• 裏地 // キュプラ100%  (マディー&ピケ)
• メートライン // ユザワヤ


===================================================
===================================================


そして…通信教育のその後は。

改めてテキストに忠実な台襟付きシャツの作図をしてみました。
前回「後側袖山(登頂部分)が前側袖山のINに隠れてしまう」トラップは最小限にしましたが、前後袖山の差が1~1.5に届きません。
そこで原寸大の作図、型紙を同封して質問券を送りました。
(基本的に質問券には1/4作図を添付、ですが確認したところ原寸大でもOKだそうです)

待ちに待った回答は
「特にこのままでも問題はない」
とのこと。

そ…そうなんですか。
私が悩んだ数ヶ月はいったい。アウゥ。
今度から作業に詰まったら四の五の言わずに即質問券を送ることにします。

ボアパーカーは質問券の返答が届くまでに隙を縫って作ったものです。
久しぶりにミシンに触って楽しかった~けれど
通信教育をやり始めてから課題以外のソーイングをする事に罪悪感を覚えてしまうのは…何故?(^^; それは小心者だから

2008.09.28 | コメント(6) | CATEGORY: | | 記事編集

袖山迷宮

通信教育の課題、ブラウスですが
作図で難しいのは台襟周辺、だと予想していました。
が、それは間違いで袖曲線と悟りました。

テキストの台襟付シャツは身頃のゆとりが多めなのでタイト気味に作図。
袖山の高さの目星をつけ、肩から袖にかけての傾斜角度を決め、袖曲線を描き、
その袖曲線と身頃側AHの長さを合致させるという難関(?)を乗り越えて
つじづまがあった~っ♪
と喜びつつ出来た袖型紙を二つに折ってあわせてみると…

あら、どうしてかしら。
後側袖山(登頂部分)が前側袖山のINに隠れてしまいます。
ほんの少しなら調整もできそうなのですが、少しどころでは。
このラインを修正するとなるとあちこちに余波が。
これで1週間くらい悩み、袖曲線が夢にまで出現しました。
袖曲線の付け根のラインが楽しそうにくるくる反転しているの…(-_-)

もしかして私がつくった補正原型そのものがまずいのかしら?
いや、でも、と補正原型を使って試しに次のデザインの
「ウェスタンシャツ」で袖まわりを作図したら…。
あっさり成功。

うう。何故に?
テキストのウエスタンシャツはもともと細身で好みなライン。
台襟付スタンダードシャツからウエスタンシャツに方向転換しようかしら(え?

縫製はウエスタンシャツの方が大変そう。(テキストにはウエスタンの縫製手順無し)
パーツが増加。
ウエスタンな前ヨークは飾りのようですが後ろヨークの付け方が謎。
後ろヨークと後ろ身頃の間にはダーツが隠れているので
飾りではなく本気のヨークのようですが、あの曲線と角をどう処理すべきか。
縫い代をあらかじめ折って表と裏で挟んでステッチするのかしら、と思いつつ
縫い目がずれるのが今から目に浮かびます。
試し縫い必須だわ。

ウエスタンで試してみて
「これも難しい。別な簡単なので」になりそうな可能性大★ 恐ろしい…。

===============================================

息子の幼稚園が夏休みに入りました。
ダイニングを占拠していた通信教育も夏休みにします。
課題ブラウス、いったいいつできるのかしら~?

2008.07.20 | コメント(3) | CATEGORY:ほび的日常 | | 記事編集

課題3 途中経過2

台襟付シャツ作成中2



ウエストダーツをつけ、丈詰め、
裾ライン調整等をして
再度身頃を試作。
ポケットは省略。



前回は突貫作業でミシンで
粗縫いしましたが
今回は真面目にしろもで手縫い。


ウエストダーツをつけたら とたんに
フェミニン~♪な感じになりました。
使用したシーチングは張りがあり縫いやすいのですが
ラインが堅め。パリッ、キャシッ。
本番布に柔らかめなのを選べばもう少し自然な仕上がりになるのかな。
それともダーツのラインをもう少しなだらかにするべき?
はてさて。

次は袖作図をば。

2008.07.10 | コメント(0) | CATEGORY:ほび的日常 | | 記事編集

一歩進んで二歩さがる

通信教育の課題、
6月のうちに進めて7月の幼稚園夏休み前までにはブラウス完成、と
目論んでいたのですが…おやぁ、6月が終わる。

昨日は久々に夫&息子が外出したので
気になっていた補正原型から作図やり直し。
スタート以前に戻る。

原型を写して補正原型を作図し、
その補正原型を写して切り抜き、パターン操作に使える原型にし、
それから切り抜き補正原型を使って補正原型を写し、
それを元にブラウスを作図。
作図したらそれをまた写し、実際に布に写す型紙にする。

と、書くと単純ですが、地味~な作業をしました。
提出用なのでこんな作業していますが
実際に自分でフリーにやる時には手間暇がかかるので
作図→即切り抜きにしそうだわ。

==============================================

以前、教育訓練給付金消化としてCADを習いました。
ほんの一時期実益になったのですが引越で仕事を継続できず、
今となっては隠し芸的な資格となり下がりました。

その頃使っていたCADソフトは今のWindowsXPで動作せず、
A3出力プリンタも手放したので活用できません。くぅ。
(最新版の価格を今調べたら実売15万円。高くなったなぁ買えないなぁ)

資格取得、無駄にしちゃったな、と思っていたのですが
手書きの製図の授業もあったのでその時に揃えた道具、
作図のコツが今役立っています。
あの頃は服の作図をしようなんてつゆとも考えていなかった。
過去の自分とほんのりパラレルな気分です。

2008.06.29 | コメント(0) | CATEGORY:ほび的日常 | | 記事編集

課題3 途中経過

台襟付シャツ作成中


次の課題のブラウスは、今のところ
テキストに掲載されている
台襟付シャツを考えています。


とりあえず身頃のみシーチングで
粗縫いして様子見。

台襟も上襟も1枚仕立てです。


• 丈をテキスト数値68→62にしたけどまだ長そう。
• 裾のラウンド、ちょっと手を加えてみたけれどそれでも曲線が強く、純Yシャツ風。
• 前身頃~ヨーク~後ろ身頃のAHのつながりがいまひとつだったわ。
• テキストデフォのポケットをもうすこしどうにか女性らしく。
• 前立てのパターン、他の方法に変えようかしら。
• 肩幅がありすぎるような。
• スタンダードな襟をちょっと今風にしてみたいけど…できるかな?

そして、このままではウエストが…ない。箱みたい~。
Wのゆとりが多いので補正原型の恩恵が分かりづらいわ。
ウエストダーツをつけようかなぁ。
修正修正。完成まで道遠し×××

2008.06.21 | コメント(0) | CATEGORY:ほび的日常 | | 記事編集

 | ホーム |   これより過去のページへ »

ブログ内検索

Tree-Arcive

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。